保険と障害年金や生命保険について

支え

sasae

保険とは、私達が将来起こりうる事故や危険を想定して、一定額の保険料を保険に加入した人が公平に支払って、万が一の時に、その保険料を利用して助けあうという相互扶助の精神から生まれ得た制度のことです。
保険の種類は、公営保険と民営保険に分類することが出来ます。
もしもの時の危険に供えるための保証として、必要な物は三つあると考えられています。
一つ目が、公的保障です。
二つ目が、企業保障です
そして、三つ目が個人保障です。
こういった三つの保障が、それぞれの保険の種類となって、万が一の時に私達を支えるお金となるのです。

福沢諭吉

生命保険の始まりは、福沢諭吉が1867年に著書の中で、ある事柄を紹介したことがキッカケだったと言われています。
それが、ヨーロッパの近代的保険制度です。
そして、それをきっかけとして1881年に明治生命が、日本で最も古い生命保険会社を設立したのです。
その後に、のちの朝日生命である帝国生命、1889年には、日本生命が誕生したのです。
保険の制度について、福沢諭吉は、1人の災難を大勢が分かち、わずかの金を捨てて大難を逃れる制度と話しています。

種類

syurui

保険の種類は、第一分野と呼ばれている生命保険と、第二分野と呼ばれている損害保険、そして第三分野と言われている医療保険に分類することが出来ます。
更に種類を分けて、第一分野では
・生命保険
・年金保険
・こども保険
などがあります。
第二分野では
・自動車保険
・バイク保険
・家財保険
・個人賠償責任保険
などがあります。
最後に第三分野では
・がん保険
・損害保険
・介護保険
・医療保険
などがあります。


おすすめリンク

大阪で社会保険労務士を探すなら【岡本社会保険労務士事務所】